東北学院中学校・高等学校サッカー部オフィシャルサイト

全国大会出場記念事業 協賛のお願い

趣意書

 

謹啓

  このたび宮城県高校総体におきまして、我が東北学院高等学校サッカー部は、十七年ぶりに南東北インターハイへの出場権を獲得いたしました。これは、指導者、それを支えた先生方、スタッフのもとサッカー部員全員が一丸となって勝ち取った結果であり、東北学院サッカー部の復活を告げるものとして、大きな感動と喜びを与えてくれました。今大会は、地元宮城の開催ということもあり、第二代表での出場になりました。サッカー部にとって全国大会出場は悲願であり、部員のみならず、指導者、OB、保護者、学校、すべての関係者にとって喜びに耐えないものとなりました。この記念すべき南東北インターハイに出場する東北学院高等学校サッカー部員たちには、力いっぱいの奮闘を期待するとともに、この経験が全国高等学校サッカー選手権大会への出場にもつながることを望むものであります。

  さて、このたび地元宮城県開催の全国高校総体に出場することを記念し、また、中・高サッカー部を盛り上げる意味でも『全国大会出場記念事業』を実施したいと考えております。一つ目にサッカー部を代表して出場する選手を激励する目的で在校生サッカー部員全員を招待し、OB、保護者、関係者が一堂に会して壮行会を執り行うこと。二つ目に今大会の応援を、在校生、保護者、OB、教員、すべての関係者が共に開催県代表の名に恥じぬよう盛大に行うこと。三つ目に17年ぶりの出場を記念し報告書を兼ねた記念誌を残すこと。四つ目に地元開催での必勝のためのチーム強化として大阪遠征を執り行うこと。この四つを『全国大会出場記念事業』として行いたいと存じます。
  しかしながら、この『全国大会出場記念事業』を実現するには多額の資金が必要です。我々の試算では全経費をOB会、保護者会だけで賄うことは大変困難と考えております。サッカー部の発展のために何卒、事情をご賢察の上、格別のご援助を賜りますよう、伏してお願い申し上げます。
  末筆ながら、皆様のご健康とご発展を心よりお祈り申し上げます。

謹白

平成29年6月吉日

発起人代表:東北学院中学校・高等学校サッカー部
保護者会 会長 前田忠嗣
OB会 会長 鈴木義夫
卒業生保護者 代表 松浦正人

全国大会出場記念事業協力金及び記念誌制作広告協賛金 募集要項
協力金及び広告協賛金 申込み書
広告の様式
協力金 払込票記入例
広告協賛金 払込票記入例
全国大会出場記念事業協賛金・協力金のお願い現役生のスケジュールフォトギャラリーオリジナル応援グッズのご案内関係者の皆様へOBの皆様へ
Copyright©TOHOKU GAKUIN FOOTBALL CLUB. All Rights Reserved.